ベートーヴェン学術実践研究会
ベートーヴェン学術実践研究会のイメージ

Beethoven Akademisch-Praktische Studiengruppe

ベートーヴェン
学術実践研究会(BAPS)

 本研究会は、2022年10月に発足し、今年2024年9月の第4回例会で発足2年となります。ベートーヴェンが生きた18世紀~19世紀のクラシック音楽を中心に、演奏家と研究者の二つの立場を、演奏実践によって融合することを目的として活動を続けています。

ベートーヴェンを冠しているため、今まで、ベートーヴェンの研究会という印象を持たれている方が多くいらっしゃいますが、実は、本研究会は、ベートーヴェンの研究に特化したものではありません。ベートーヴェンは、古典派とロマン派をつなぎ、その中心にいる作曲家で、ベートーヴェンを中心にバロック時代のバッハやロマン派時代のショパン、さらにリスト、シューマン、ブラームス、その先のマーラーやブルックナー、ロシアの作曲家までその影響を見ることができます。印象派などは独自の発展を遂げていると感じますが、バロック時代から続くドイツ的な音楽の係留との違いの研究なども興味深いものがあると思っています。
 物事には、何か基準となるものがあると、その比較によって多角的な視野を得ることができると考え、「ベートーヴェン」という古くも新しくもある独特な作曲家の名前を冠した、ということです。
今までの例会では多彩な研究発表と研究演奏によって徐々に発展していることを感じています。
音楽への愛と各々の方々の音楽への情熱をベートーヴェン学術実践研究会で発表しませんか?
 まずは、会員登録(無料)をして、一緒に勉強を続けていく仲間になっていただけましたらうれしいです。
         ベートーヴェン学術実践研究会(BAPS)会長 深井尚子
                                   

 

活動予定

第4回 ベートーヴェン学術実践研究会(BAPS)例会は、
2024年9月14日(土)14:30からオンラインにて開催いたします。

研究発表を希望される方や動画配信による演奏を希望される方は
9月7日(土)23:59までに会員登録の上お問合せフォームより
お申込みください。テーマは自由です。

以前の例会の動画はBAPS通信vol.11にYouTubeのURLが掲載されていますので、会員の方は会員ページから閲覧ができます。

最新の情報は改めてこちらに掲載いたします。

深井尚子

INFORMATION